辻が花とは絞り染め(成瀬優の辻が花)

先日成瀬先生のアトリエを訪ね、実際に絞っている(辻が花)所を拝見してきました。
先生は師事されていた師匠に友禅以外にも絞りの技術も受け継いでおられます。
(絞り方は縫い締め・桶絞り・巻き上げ・小帽子などがあります)
「辻が花」という語源は文献を調べてもはっきりしません。私が気に入っているのは「辻」は狭いという意味で「花」は柄を表し、この技法のお陰で細かい染柄が可能になったのでは、という説です

成瀬先生のアトリエにて(2017/02/28)

素描の下絵(名古屋帯)絞り糸を柄の輪郭に縫い込んでいきます
染めた状態・・・(中略)
糸を取り伸ばした状態(帯のお太鼓の部分)

辻が花とは絞り染め(成瀬優の辻が花)
Fatal error: Call to undefined function is_fisrt() in /home/cloudcraft/www/kimonoiguchi/wp-content/themes/dp-escena/single.php on line 241